四十肩、五十肩

世田谷区へお住いの皆様へ このようなお悩みはございませんか?

✔肩周りがひどく痛む

✔服を脱いだり着たりする時に肩が痛い

✔腕が上がりづらい

✔四十肩、五十肩と言われたことがある

✔病院に行ってもなかなか良くならない

✔自身の症状を身体の専門家に見てほしい

 

 

四十肩、五十肩とは

40歳~50歳前後に生じる「肩関節の痛み」と「肩関節の可動域が制限される疾患」の

総称です。

正式には肩関節周囲炎という疾患群をいいます。

 

整形外科や病院で、レントゲンを撮って、原因が分からずに湿布や痛み止めをされたが、

痛みが残り、腕が上がらず、根本改善に至っていない場合が多くあります。

 

四十肩、五十肩はなぜ起こるのか?

原因についてはいまだに明らかではありませんが、肩関節の周りにある筋肉、靭帯、

関節の構成をする組織に炎症が起こることが要因と考えられています。

 

肩関節の周りは筋肉で覆われていて、動く範囲がとても広く、筋肉、靭帯、その他の組織に負担がかかりやすい構造になっています。

重たい物を持ったり、運動中に使い疲労の蓄積がある、同じ動作を繰り返し負担がかかるなど、荷重がかかる時、繰り返しの負担によって、肩関節に関係する組織に炎症が生じ、痛みが発生します。四十肩・五十肩の原因は、個人差や様々な負担によって異なります。痛みの原因となっている動作や負担をかけている姿勢を確認し、治療、経過を確認して、改善することが必要です。

 

四十肩、五十肩を放っておくとどうなる?

 

1、症状の悪化

2、肩関節の可動域の制限:肩甲骨の動きは良くても、肩甲骨と上腕骨の関節の動きが良い状態でないと、腕を上げる動作がしにくくなります。

 

は治療をしていない状態が長く続くと、就寝中に肩関節から腕にかけての痛みが増し、

寝返りをうった時に痛みで起きてしまい、症状の悪化を招く原因ことになります。

は肩関節の可動域の制限が起こり、棚の上の物を取る時、洋服を着る時などの日常生活に支障をきたします。

症状として、3つの段階があります。炎症期、拘縮期、回復期があります。

炎症期とは、特に何かをしたわけでなく、原因不明の状態から痛みが生じます。安静時の痛み、就寝中の痛みが特徴です。

拘縮期とは、肩関節に関係する筋肉、関節包の動きが悪くなり可動域の制限がみられ不自由を感じるようになってきます。

回復期とは、徐々に痛みが改善し、動かせる範囲が広がってきます。個人差があり、長い方では数年間かかり回復期になったということもあります。

痛みをそのままにしていても、回復はしません。治療方法や頻度によって改善していきます。

 

 

・世田谷区整骨院KBSグループの四十肩、五十肩の施術とは

世田谷区のKBSグループでは四十肩・五十肩を根本的に改善するには骨盤、骨格の歪み、筋肉のこりを改善する事で根本的に改善いたします。

 

1.電気施術

当院の電気施術は、電気の刺激を筋肉に与えることで、痛みの除去、血流の改善、筋肉の疲労の除去を目的としております。世田谷区でも数少ない機械を使用し、「3D(立体動態波)」、「ハイボルテージ」という特殊電気施術を使い、早期改善をすることができます

 

2.手技施術

四十肩・五十肩の症状である、痛みを改善するには、骨盤矯正で骨盤、骨格の歪みを改善し、「筋膜施術」で筋肉のコリを取り除きます。

お客様ひとり一人にあったオーダーメイドのプログラム型施術でお客様に納得していただいた上で施術をし、根本改善をしていきます。

 

3.鍼施術

人の手では届かない部分まで鍼を刺入することで、自然治癒力を最大限に上げ神経痛の除去、血流改善、筋肉のコリを取ることができます。

 

※当院では、衛生管理を徹底するため、使用する鍼は全てディスポ鍼(使い捨て鍼)を使っており、一度使った鍼は全て処分しておりますので、安心して施術を受けることが出来ます。

 

四十肩・五十肩でお困りの方はまずは世田谷区の接骨院・整骨院KBSグループへご相談ください!!