脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

 

世田谷区へお住いの皆様へこのようなお悩みはございませんか?

 

✓腰がひどく痛む
✓前かがみをすると楽になる
✓歩いていると足がしびれてくる
✓脊柱管狭窄症と言われたことがある
✓病院に行ってもなかなか良くならない
✓自身の症状を身体の専門家に見てほしい

脊柱管狭窄症とは

背骨の中にある神経を囲んでいる管(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫することを言います。
この神経を囲んでいる管(脊柱管)を構成する骨、靭帯の肥厚(ひこう)、椎間板(ついかんばん)の突出などによって、神経を圧迫して、様々な症状が現れます。

脊柱管狭窄症はなぜ起こるのか?

神経を囲んでいる管(脊柱管)を構成する、骨や靭帯、椎間板の変化によって狭くなる、背骨のズレ(すべり症など)などによって、発症します。

腰は筋肉で覆われていて、動く範囲がとても広く、筋肉、骨、靭帯、その他の組織に負担がかかりやすい構造になっています。

日常生活や家事、育児での前かがみ、長時間のデスクワークでの疲労の蓄積、運動によっての筋肉・骨・靭帯への強度な負担や繰り返しの動作によって関係する組織に炎症が生じて、脊柱管の圧迫が生じます。
脊柱管狭窄症の原因は、個人差や様々な負担によって異なります。痛みやしびれの原因となっている動作や負担をかけている姿勢を確認し、治療、経過をみて、改善することが必要です。

脊柱管狭窄症を放っておくとどうなる?

症状は、腰の痛みの悪化、歩いていると背骨に負担がかかり神経が圧迫されることで足の痛みやしびれが生じ、少し休むと神経の圧迫が解放され、また歩けるようになる(間欠性跛行)、前かがみになると楽になる、自転車には乗り続けられるのが特徴です。

施術をしないと回復までに時間がかかり、神経の圧迫が強くなり、急激に症状が悪化し、痛みが増し、足の麻痺・感覚障害となります。お早めに施術を開始することをお勧めします。
事実、世田谷区でも多くの方が脊柱管狭窄症に悩んでおり、当院にご来院されます。
治療方法や頻度によって改善していきます。

世田谷区整骨院KBSグループの脊柱管狭窄症の施術とは

世田谷区のKBSグループでは脊柱管狭窄症を修復するには骨盤、骨格の歪み、筋肉のこりを根本的に改善いたします。

1.電気施術

当院の電気施術は、電気の刺激を筋肉に与えることで、痛みの除去、血流の改善、筋肉の疲労の除去を目的としております。世田谷区でも数少ない機械を使用し、「3D(立体動態波)」、「ハイボルテージ」という特殊電気施術を使い、早期改善をすることができます。

2.手技施術

脊柱管狭窄症の症状である、痛み、しびれを修復するには、骨盤矯正で骨盤、骨格の歪みを改善し、「筋膜施術」で筋肉のコリを取り除きます。
患者様ひとり一人にあったオーダーメイドのプログラム型施術でお客様に納得していただいた上で施術をし、根本改善をしていきます

3.鍼施術
人の手では届かない部分まで鍼を刺入することで、自然治癒力を最大限に上げ、神経痛の除去、血流改善、筋肉のコリを取ることができます。

※当院では、衛生管理を徹底するため、使用する鍼は全てディスポ鍼(使い捨て鍼)を使っており、一度使った鍼は全て処分しておりますので、安心して施術を受けることが出来ます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はまずは世田谷区の接骨院・整骨院KBSグループへご相談ください!!