膝通(ひざつう)

膝痛(ひざつう)

 

世田谷区へお住いの皆様へこのようなお悩みはございませんか?

✓なんとなく膝に違和感がある

✓変形性関節症と診断された

✓膝に水が溜まり、悩んでいる

✓膝が痛み、歩くのがつらい

✓階段の昇り降りに苦労する

✓自身の症状を身体の専門家に見てほしい

 

世田谷区でこのようなことに心当たりのある方は、当院へご相談ください!

 

膝痛(ひざつう)とは

膝は体を支えるためにとても大切な役割を果たしています。人体で最も大きな関節です。

膝痛には大きく2つの原因があります。

1、膝以外に原因がある

X脚(エックスキャク)、O脚(オーキャク)、股関節、腰,骨盤、筋肉、筋膜の歪みで膝の痛みが出ます。骨盤、筋肉、筋膜の歪みとは、骨盤・体のゆがみでバランスがずれて痛みが引き起こされます。

 

2、膝そのものに原因がある

膝を構成する構造体は、大腿骨(だいたいこつ)・脛骨(けいこつ)・膝蓋骨(しつがいこつ・膝のお皿)という3つの骨があります。

膝蓋骨は大腿骨脛骨に筋肉の動きを伝達する働きをする骨です。

膝関節とは、骨・軟骨・靭帯・筋肉・腱などから構成されています。

怪我、損傷、炎症、変性等が起きたときに痛みが出ます。

痛みだけではなく、腫れている、水が溜まっている、出血をしている、生まれつき何らかの異常がある場合に痛みが出ます。

変性とは、加齢性、年齢的、経年変化と言われる年による使い過ぎ摩擦による炎症がひどくみられ関節リウマチが起こります

 

膝痛はなぜ起こるのか?

膝の痛みは、骨盤・体のゆがみ・筋肉のアンバランスです。

人の土台は骨盤です。

その骨盤が歪んでしまうと、膝をはじめとする様々な個所に負担がかかり、痛みの不調が現れます。骨盤、体のゆがみを解消すると驚くほど変化・回復が見られます。

 

つまり、根本の原因に、働きかける必要があります。

筋肉のこりやバランスの乱れで痛みが出ていることが多いので、KBS骨盤矯正で調整して改善していきます。

膝の痛みの原因としてよく言われるのは、加齢ですが、その他にも激しいスポーツによる痛みであったり、立ち仕事などで痛みが出ることもあります。

 

加齢とともに膝の痛みが出てきたり、関節が硬くなり正座ができなくなったり、長時間歩くと疲れやすくなったりと、痛めると日常生活に影響を及ぼす部分です。

 

膝痛を放っておくとどうなる?

中高年になると、膝の痛みを訴える人が増えてきます。

放置しておくと痛みが徐々に増して、日常生活にも不便をきたし、やがて自力歩行が困難になり、要介護の状態になることもあります。

 

膝の関節には、クッションの役割として軟骨があります。

骨と骨の関節面が擦れてしまい、軟骨がすり減ってしまいます。

すると、骨全体に負担がかかってしまうので、膝の関節が変形するのです。

変形が進むと痛みが強くなり、歩けないほどになって、手術をする以外に回復する方法がなくなってしまう可能性があります。痛み止めの注射や湿布で痛みをごまかすのではなく、痛みの原因を探ってアプローチすることが必要なのです。

 

世田谷区整骨院KBSグループの膝痛の施術とは

世田谷区のKBSグループでは、問診時にお身体のどこに障害が起きているのかを明確にし、膝痛に対して3つの治療を行い骨盤・骨格・筋肉・筋膜・神経にアプローチいたします。

 

1、電気治療

当院の電気施術は、電気の刺激を筋肉に与えることで、痛みの除去、血流の改善、筋肉の疲労の除去を目的としております。世田谷区でも数少ない機械を使用し、3D(立体動態波)、ハイボルテージ(特殊電気施術)を使い、早期改善をすることができます。

 

2、手技施術

膝痛の症状である、膝の痛みを改善するには、骨盤矯正で骨盤、骨格の歪みを改善し、「筋膜施術」で筋肉のコリを取り除きます。

お客様ひとりひとりにあったオーダーメイドのプログラム型施術でお客様に納得していただいた上で施術をし、根本改善をしていきます。

 

3、鍼施術

人の手では届かない部分まで鍼を刺入することで、自然治癒力を最大限に上げ神経痛の除去、血流改善、筋肉のコリを取ることができます。

 

※当院では、衛生管理を徹底するため、使用する鍼は全てディスポ鍼(使い捨て)を使っており、一度使った鍼は全て処分しておりますので、安心して治療することが出来ます。

 

また、痛みがある方で「どうしても明日スポーツをやりたい」「すぐ身体を動かさないといけない」といった方々に対してテーピング包帯を使用し、痛みのある部位を固定し一時的な症状の緩和をいたします。

 

膝痛でお困りの方はまずは世田谷区の整骨院KBSグループへご相談ください